トップページ > アンケートモニターQ&A > 初めてのアクセスアップ講座

初めてのアクセスアップ講座

分かりやすいアクセスアップ講座

ホームページを立ち上げたはいいけれど、アクセス数さっぱりじゃありませんか?

当サイトもそうでした・・・
数年前、サイトオープンした頃は1日のアクセス数が10程度、下手すると0なんて日もありました(泣)。

今では(2005年1月現在)、お陰様で当サイトもPageRank4になることができました。
数年前まで、このPageRankというのは、検索順位を決定する際に大きなウエイトを占めていましたが、今ではそのウエイトも下がり、ツールバーからもPageRankを表示するボタンは、いつの間にかその姿を消しました。

以前はPageRankを上げることで、検索順位も上がりアクセスもおのずと集まったのですが、今はそうではなくなりました。PageRankの更新も、数年前から実施されておりません。

このページでは、これからサイトを開設される方や開設したばかりの方に向けて、アクセスを集める方法をいくつかご紹介していきたいと思います。

独自ドメイン

これからサイト運用を始められる方は、是非!この「独自ドメイン」を取得してください。
ご契約されているプロバイダでも、無料でホームページを立ち上げる事はできますが、独自ドメインの方がSEOの効果も高く、アクセスアップの効果が高くなります。

独自ドメインを取得するには、ムームードメイン のようなドメイン総合サービスを利用します。

独自ドメインを取得する際は、ご自分の運営されているサイト名やジャンルに近いものにするとよいでしょう!

例えば、モニター系のサイトならば、
monitor-○●△.com
とかといった具合です。

独自ドメインを取得すると、次にホームページのデータをアップロードするサーバーを決めます。これは、レンタルサーバーが一番手軽でよいと思います。

レンタルサーバーもたくさんあって、選ぶのに迷ってしまうと思いますが、コスト、運用実績、ディスクスペースなどからおすすめできるのは、エックスサーバー です。

◆運用サイト数は120万件を突破!
コストパフォーマンスに優れたサーバーとして、多くのサイト運営者に愛用されています。

主な特徴として、月額900円(税抜)から、ディスクスペースは200GBの大容量!
マルチドメイン(独自ドメイン)、サブドメインの利用できる数は無制限!メールアカウントも無制限で作れます。

今なら、10日間無料でお試しすることができます。
XSERVER


それでは、
初心者(ビギナー)の方は、まずは100アクセス(日)を目指して頑張ってみましょう!

スポンサーリンク

まずは、アクセスアップへ向けての準備

検索エンジンに登録する!

まず、基本ですね!
Yahoo!とかGoogleとか色々ありますが、GoogleとBingBingの登録申請ページはこちらです)の2つに登録をすればそれだけで充分です。なぜなら、Yahoo!などの国内検索エンジンはGoogleの検索結果を表示しているからです。

サイトマップを作ってみましょう!

大手検索エンジンへの登録申請を終えたといっても、その時点で全てのページがインデックスされたわけではありません。検索エンジンのロボットが貴サイトを訪問した際に多く(全て)のページを拾ってくれるためには、サイトマップを作成してサーバーにアップロードする必要があります。

サイトマップを作成~自動生成ツールしてくれるサイトはたくさんありますが、「sitemap.xml Editor」について説明したと思います。 PCサイトマップ(sitemap.xml)を作成という入力ボックスにサイトマップを作成したいサイトのURLを入力します。

■オプション設定
・最終更新日:する、しない
検索エンジンのロボットがサイトの更新状況を読みに来るので、ページの更新日を的確に伝えるため「する」にしておいた方がよいと思います。

・サイトの更新頻度
記述しない・アクセスのたび・一時間ごと・毎日・一週間ごと・一月ごと・一年ごと・更新しない
の中から選択することが出来ますが、
頻繁ならば「毎日」、定期的ならば「一週間ごと」「一月ごと」を選んでおけば無難だと思います。

・優先度:priorityの自動設定(HOME1.0~階層に応じて)
これは、ページごとの重要度を0.1~1.0まで数値化してくれますが、
「する」を選択すると、ページの階層に応じてサイト側で自動で設定してくれます。

・除外ディレクトリ
sitemap.xml内に含めたくないディレクトリがあれば入力してください。
通常は空欄のままで可です。

・同一タイトルURLの除外:する、しない
同一タイトル同一内容のページを省くことが可能です。

最後に「サイトマップを作成」ボタンを押せば数秒でサイトマップの出来上がりです。

Google Search Consoleに登録する

サイトマップが出来たら、今度はGoogle Search Consoleに自分のサイトを登録しましょう!

Google Search Consoleに登録をすると、自分のサイトの状態(インデックス数やサイトへのリンク)などのさまざまな指標を確認できるほか、Googleからのサイトへのメッセージがある場合、それを確認する事などが出来ます。

ページトップへ戻る

アクセスを集める方法

メールマガジンを発行する!

サイトへのリピーターを増やす「王道」がメールマガジンです。
メルマガを新規登録すると、そのメルマガスタンドの発行する新着情報メルマガに掲載され、多くの購読者を一気に獲得することができます。

メールマガジンを発行するには、自分独自で配信する他に、大手のメールマガジン配信スタンドを利用するという方法があります。
代表的なものとしては、「まぐまぐ」や「melma!」などがあります。

このようなメルマガ配信スタンドでは、全体やジャンルごとに人気ランキングを発表していることがほとんどです。このランキングを頼りに、メールマガジン登録をするユーザーも多いので、なるべく上位にランクインすることで読者数アップを狙うことができます。

以降は、新着や更新情報などを定期的に発行することで、リピーターを確保することができます。

相互リンク

PageRankを上げる上で、被リンク数というのは大変重要なことなようです。つまり、たくさんのサイトにリンクされているサイトほど良いサイトだということで、そういうサイトは必然的にPageRankも上がっていきます。

そういった理由からか、以前はアクセスアップをする上で「相互リンク」が盛んに行われてきました。しかし現在では、被リンクを増やすことを目的とした相互リンク専用のパートナーページは、ペナルティの対象となるようになりました。

相互リンク専用のページを設けている方は、速やかに削除をされた方がよろしいかと思います。

被リンクを増やしたいのであれば、ナチュラルリンク(自然にリンクが増える)が増えるような魅力あるサイト作りに励むことが重要だと思います。

ブックマーク経由によるリピーターを増やす!

ブラウザなどのブックマークでお気に入りに追加されると、検索エンジンや広告を経由せずに、ブラウザから直接サイトに訪問してくれようになります。

アクセスアップを図る上で、この「お気に入りに追加」する方が増えると、リピーターの再訪問の割合が多くなっていきます。

これはSEOとも連動していて、お気に入りにたくさん追加されているサイトほど、検索エンジンでも上位表示されやすくなる傾向があります。

SNSを利用したアクセスの集め方

サイトを開設したばかりだと、ナチュラルリンクを獲得するのはなかなか難しい・・・。以下は、外部からのリンクを簡単に習得する方法です。

はてなブックマーク
ブックマーク系で、ユーザー数も多く、国内で現在もっとも被リンク価値の高いソーシャルブックマークサービスは、「はてなブックマーク」です。リンクには"nofollow"が付きますが、たくさんの方にブックマークされると、多くのアクセスが望めます。

はてなブックマークボタンは、こちらのページで生成できます。

Twitter
Twitterからのリンクにも"nofollow"は付きますが、リツイートされるとそこからのアクセスが流入します。

ブログなどの更新通知をTwitterに流すときは「サムネ画像付き」にした方が、だんぜん読まれる可能性が高くなります。最もリツイートされやすい時間帯は,夜の22~24時、午前なら10時前後と言われています。

Twitterのフォロー、ツイートボタンは、こちらのページで生成できます。

facebook
FacebookからのリンクもTwitter同様に"nofollow"が付きますが、いいね!がたくさん付いているページには多くのアクセスが見込まれるので、大いに活用すべきだと思います。

Facebookのいいね!ボタンは、こちらのページで生成できます。

ディレクトリー・サイト
審査は、厳しく掲載される可能性は極めて低いですが、被リンク効果は抜群なので一応掲載しておきます。
Yahoo!カテゴリー
All About

質問系サイト
こういった質問系サイトで、自分のサイトを宣伝目的で掲載すると「完全に」スパム行為なるので絶対にやってはいけません。ただし、掲載されるとそこからのアクセス流入は大いに望めます。
OK WAVE
教えて!goo

アクセス増を達成するコンテンツの作り方

ホームページやブログを開設したら、頻繁に更新することに越したことはありませんが、何でもかんでもただ書けばよいというものではありません。

極端に短い記事なら、いっそアップロードしないか、もしくは"noindex"を付けた方がよいでしょう。1,000文字以上でオリジナリティに満ちていて、思わず読者が「ブックマーク」や「いいね!」を付けたくなるような記事が理想です。(でも、これが難しいのです・・・)

以上、如何でしたでしょうか?
皆さまのアクセスアップを祈願して、このページを終わりたいと思います。


2001年11月24日作成
2016年10月29日更新(全文更新)

ページトップへ戻る
>> モニターコンテンツ一覧はコチラ

サイト内検索

ページトップへ戻る
Copyright (C) モニター情報【とくナビ】 All Rights Reserved.